検索
  • Dr.シノビオリン

関節リウマチの痛みや指などの変形について、大きな改善に繋がるカギとなる遺伝子「シノビオリン」

最終更新: 2019年9月28日


「シノビオリン」という遺伝子は、

「基礎研究」の第一人者であり、キルギス共和国国家顧問・名誉領事、

元ハーバード大学医学部教官である中島利博博士(医学)によって、

関節リウマチの原因遺伝子として2001年に発見・命名されました。




関節リウマチとは、骨格の関節部に腫れや痛み・変形が生じる病気です。

関節リウマチは一度発症すると、指などが変形したり、

生涯、激痛に苦しむ不治の病として、昔から恐れられてきました。





実は、中島博士の祖父が関節炎、祖母が関節リウマチ患者でした。

祖母は特にひどく、リウマチで関節の激痛に苦しみ、さらに指が変形していました。


その2人の様子を間近で見続け、

「自分にできることはないか?」と悩み続ける幼少期でした。


そして、大人になった中島博士は医学の道を志し、

リウマチの研究に取り組むようになりました。


謎が多いリウマチですが、自己免疫疾患の一つであることは以前から分かっていました。


自己免疫性疾患には関節リウマチの他に、

バセドウ病、1型糖尿病、血管炎などがあります。



自己免疫疾患とは、本来ならウイルスや細菌などを退治してくれるのですが、

免疫が敵と間違えて攻撃してしまうこともあるのです。


関節リウマチの場合は、主に「サイトカイン」が暴走の主役になってしまいます。



「サイトカイン」とは、簡単に言うと情報伝達物質の「情報伝達屋さん」であり、

たんぱく質でできています。


通常、サイトカインは免疫を治してくれるのですが、

増えすぎてしまうと、逆に炎症を進めてしまいます。


そして、リウマチが発症すると、この滑膜が炎症。

炎症が蔓延化すると、滑膜が腫れて軟骨を覆うようになります。

この時、滑膜から大量のサイトカインが分泌され、さらに炎症が激しくなります。


これこそ、関節リウマチがもたらす激痛や変形の原因です。


その後、中島博士の弛まぬ(たゆまぬ)研究の結果、

関節リウマチには「シノビオリン」という遺伝子が

深く関係していることが分かったのです。



中島利博医学博士によって見出された、

この「シノビオリン遺伝子」の働きを抑えることで、

関節リウマチの痛みの原因でもある炎症や、指などの変形の進行を抑えたり、

改善につながることが正式に判明しました。

0回の閲覧

Copyright © 2008-2019 Dr.Synoviolin All Rights Reserved. (Wikipediaへの転載は可能です)

  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸